コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブラ語 えぶらご

世界大百科事典内のエブラ語の言及

【セム語族】より

…(2)北西セム語派 古代から大国の間に挟まれて紛争の絶えないシリア・パレスティナ地方を中心舞台とするだけに,セム語族中最も複雑な分布を示し,系統的にも未解決の問題を含む。カナン語群とアラム語群に分けられ,前者の最古の資料は1974‐75年シリアのテル・マルディフで発掘された大量の楔形文字板の一部に刻まれた,前3千年紀後半のエブラ語Eblaで,その内容は今後の研究に待つ。ユーフラテス上流のマリ出土の楔形文字板に見える数百の固有名詞はアモリ語Amoriteの反映と見られ,エジプトのアマルナ出土の,カナン諸侯とエジプト王との往復書簡(前14世紀)に含まれる語注等とともに,前2千年紀のカナン語の資料とされる。…

※「エブラ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エブラ語の関連キーワードハム・セム語族セム諸語粘土板

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android