エマイユ・ド・バス・タイユ(読み)えまいゆどばすたいゆ

世界大百科事典内のエマイユ・ド・バス・タイユの言及

【七宝】より

…ほかに素地の金属を彫りくぼめて模様をつくり,釉薬を焼きつけるエマイユ・シャンルベémail champlevé(彫金七宝)はヨーロッパではポピュラーな技法である。また素地に模様を彫り,それが見えるように透明釉を施したものをエマイユ・ド・バス・タイユémail de basse‐tailleという。
[日本]
 中国での七宝の歴史は明らかではないが,隋・唐ころに西域から持ち込まれたと推定される。…

※「エマイユ・ド・バス・タイユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android