コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムシ

世界大百科事典内のエムシの言及

【イワムシ】より

…多毛綱イソメ科の環形動物(イラスト)。アカムシ,エムシ,イソベ,ドロムシ,セムシ,ホンムシ,イワイソメ,ヒラムシなど20ほどの別名がある。日本各地に分布し,潮間帯の岩の隙間にすむところからこの名がつけられたが,干潟のような砂泥中にすむものもある。…

※「エムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エムシの関連キーワードエスカレーション・オレンジメンソール・ビディーニコライ(Alwin Nicolais)ベフダド サリミコルダシアビキャロル エムシュウィラー地雷禁止国際キャンペーンセントラルファイナンス固体高分子形燃料電池インクジェット用色素大阪府堺市美原区黒山ダイエーオーエムシーサーモクロミック材料クラスター爆弾連合スカパーJSATメタルワン特殊鋼エマルジョン塗料コーティング肥料オーバーハウゼンエスカレーションEMシステムズ血漿タンパク質

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android