エメリタ・アウグスタ

世界大百科事典内のエメリタ・アウグスタの言及

【ルシタニア】より

…ローマ時代におけるイベリア半島西部の属州。ドウロ(ドゥエロ)川以南の現ポルトガル領とスペインのエストレマドゥラ地方を合わせた地域に相当し,主都はエメリタ・アウグスタEmerita Augusta(現,メリダ)。ローマ時代以前にはテージョ(タホ)川とドウロ川の間の地域を指し,その住民ルシタニア人は前2世紀からビリアトに率いられてローマ軍の侵入に激しく抵抗した。…

※「エメリタ・アウグスタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android