エモリー・ポール(読み)えもりーぽーる

世界大百科事典内のエモリー・ポールの言及

【ダリア】より

…91年,植物学者ダールAnders Dahl(1751‐89)の業績をたたえて,この植物はダリアと命名された。以来,2世紀にわたって改良育種がくり返された結果,細い茎で数枚の花弁からなる貧弱な小花にすぎなかった原種が今日の代表的園芸品種,エドナCでは400枚をこす花弁を,エモリー・ポールではステッキのような花茎に径40cmもの巨大花を咲かせるまでの進化発達をとげた。ダリア属の野生種の多くは,染色体数2n=32の同質四倍体であるが,異なった系統の交雑と染色体数の増加により,現在の園芸品種は2n=64の異質八倍体となっていて,このことが今日の多種多様な花型,色彩,大きさをもつ無数の園芸品種をうみ出す原因となっている。…

※「エモリー・ポール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android