エリオグラフィー(読み)えりおぐらふぃー

世界大百科事典内のエリオグラフィーの言及

【ニエプス】より

…のちに石版の代りに銅板を使い,薬液で洗ってから塩化鉄液などで腐食して凹凸のある印刷版を作ることに成功した。彼はこの製版印刷法をエリオグラフィーhéliograpieと名付けた。ニエプスはカメラを製作して彼の発明した感光板を使って写真を作ることにも成功したが,彼の写真法は撮影してから感光板上の未感光部分を溶かして除去する方法が主であった。…

※「エリオグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android