コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリマ えりま

世界大百科事典内のエリマの言及

【ダティスカ】より

… ダティスカ科Datiscaceaeは以上のほかに,東南アジアからニューギニアにかけての熱帯降雨林に広く分布するテトラメレス・ヌディフローラTetrameles nudiflora R.Br.およびオクトメレス・スマトラーナOctomeles sumatrana Miq.の2属2種を含み,これらはダティスカ属と異なり,高さ45~65mに達する大高木である。その木材,とくに後者は日本にもよく輸入され,ビヌアンbinuangまたはエリマerimaの名で知られる。この2属をダティスカ科から分離し,別の科テトラメラ科Tetramelaceaeを立てる説も出されている。…

※「エリマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エリマの関連キーワードハートリーズクロコダイルアドベンチャーズジーザス・クライスト・スーパースターヘラクレス(ギリシア神話の英雄)エリマキツチガキ(襟巻土柿)私はイエスがわからないエキゾチックアニマルディスプレー(動物)カフランギ国立公園ティティモンキーマスアラ国立公園アルフィオス川キツネザルマンガベイジラースゴカイトカゲドバトアガマレックリジー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android