コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルゴン ergon

大辞林 第三版の解説

エルゴン【ergon】

W =フンボルトの用語。産出活動ではなく、静的な体系あるいは死んだ産物としての言語。 → エネルゲイア

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のエルゴンの言及

【西洋哲学】より

…しかし彼もすべての存在者の合目的的運動の終局(テロスtelos)にあってその運動を導く最高目的として,もはやおのれのうちにいかなる可能性をも残さず,すべての可能性が現実化された〈完全現実態(エンテレケイアentelecheia=テロスに達した状態)〉である〈純粋形相〉つまり超自然的な〈神〉を想定し,それによって世界の存在を基礎づけようとする以上,最終的にはやはりプラトンの形而上学的思考様式を継承していると見られよう。ところで現実態を意味する〈エネルゲイア=エルゴンergon(作品・成果・能力の発現)に達した状態〉は中世のスコラ哲学のもとでactualitasとラテン訳され,さらにこれが近代のドイツ哲学ではWirklichkeitと訳されることになる。いずれの場合にも,現実的存在者は何ものか(たとえば神)のactus,Wirken(働き・活動)によってその状態にもたらされたものと考えられ,なんらかの超自然的原理の介入が想定されることになるわけである。…

※「エルゴン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エルゴンの関連キーワードソシュール/用語解説エルゴン山国立公園吸エルゴン反応発エルゴン反応エルゴード性エネルゲイアパレルゴンフンボルトエルゴン山無気呼吸同化作用ウガンダセベイ族ルイア族グシイ族トロロムバレキタレエルグケニア

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android