コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルジャ方言 えるじゃほうげん

世界大百科事典内のエルジャ方言の言及

【モルドビン語】より

ウラル語族のフィン・ウゴル語派の中でフィン語系に属し,チェレミス語(マリ語)とともにボルガ・フィン語を形成する。ボルガ川の中流にあるカザン市の南側でモルドビア共和国を中心に広い範囲で話されている。言語人口は115万4000(1989)で,そのうちの約7割が母語としている。エルジャErza方言とモクシャMoksha方言に分かれているが,相互に理解が困難であるため別々に標準文語を定めている。名詞は12格に変化し定語尾をもつ。…

※「エルジャ方言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone