コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルバカン,N. えるばかん

世界大百科事典内のエルバカン,N.の言及

【トルコ共和国】より

…この運動は,トルコ人の民族的アイデンティティと深く結びついて,学生・労働者など若者に支持された。いま一つは,エルバカンNecmettin Erbakan(元イスタンブール工科大学教授)の国家秩序党(1970年創設)であり,これは,50年代から60年代に高揚したイスラム復興運動である〈ヌルジュ〉などと結びつき,イスラム神権国家の樹立を目標とした。その支持基盤は,農民,下層都市民,宗教関係者,保守的学生であった。…

※「エルバカン,N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android