エルマキン,G.(読み)えるまきん

世界大百科事典内のエルマキン,G.の言及

【マキーン】より

…彼の主著《祝福された集成》はアラビア語で書かれた世界史で,天地創造以後の歴史を各時代の主要人物の伝記を書き連ねることで叙述しており,東方キリスト教会史の研究には不可欠の史料。この本は17世紀にはラテン語に訳され,その後英語,フランス語訳も出てマキーンはゲオルギウス・エルマキンGeorgius Elmacinの名で広くヨーロッパに知られるようになった。【湯川 武】。…

※「エルマキン,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android