コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルミーロフ,V.V. えるみーろふ

世界大百科事典内のエルミーロフ,V.V.の言及

【RAPP】より

…同年6月の《文芸の分野における党の政策について》の共産党中央委員会決議の後,ワルジンらの左派グループは離脱し,アベルバフL.L.Averbakh(アウエルバハとも呼ぶ)を書記長に,理論機関誌《RAPP》,隔週批評誌《文学哨所》を擁して活動した。リベジンスキーフールマノフ,キルションVladimir Mikhailovich Kirshon(1902‐38),後にファジェーエフ,エルミーロフVladimir Vladimirovich Ermilov(1904‐65)らが中心メンバー。最初は〈古典に学べ〉などの穏健路線が打ち出されたが,ボロンスキーAleksandr Konstantinovich Voronskii(1884‐1943)らの同伴者文学擁護派と激しい論争を繰り返すうち,政治主義的傾向が強まり,ゴーリキーやショーロホフをも含む非プロレタリア系作家に卑俗社会学的,世界観偏重の非難を浴びせ,その批評は〈RAPPの棍棒〉と恐れられた。…

※「エルミーロフ,V.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone