エーラン(読み)えーらん

世界大百科事典内のエーランの言及

【インド美術】より

…後期仏教石窟の仏像もこのサールナート様式と共通するところが多い。グプタ時代にはヒンドゥー教彫刻もはじまり,マトゥラーのほか,中部インドのウダヤギリ石窟(5世紀初期),エーラン(5世紀末期~6世紀初期),デーオーガル(6世紀初期)などにスケールの大きな力強い作品がある。 中世に入ると仏教の衰退にともなって,その彫刻もしだいに力を失い形式化したものが多くなる。…

※「エーラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android