コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーラン えーらん

世界大百科事典内のエーランの言及

【インド美術】より

…後期仏教石窟の仏像もこのサールナート様式と共通するところが多い。グプタ時代にはヒンドゥー教彫刻もはじまり,マトゥラーのほか,中部インドのウダヤギリ石窟(5世紀初期),エーラン(5世紀末期~6世紀初期),デーオーガル(6世紀初期)などにスケールの大きな力強い作品がある。 中世に入ると仏教の衰退にともなって,その彫刻もしだいに力を失い形式化したものが多くなる。…

※「エーラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エーランの関連キーワードエーランド島南部の農業景観R.L. メスバウアーエーランド[島]スタグネリウスエーランド島カルマル県バイキングボリホルムカルマル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android