コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エール・ド・クール えーるどくーる

世界大百科事典内のエール・ド・クールの言及

【シャンソン】より

…これらはルネサンス期の器楽発展に少なからず貢献した。 17世紀に入ると,イタリアのモノディ(通奏低音伴奏付き独唱歌曲)の影響を受けて多声部シャンソンは衰退し,代わってリュート伴奏の独唱歌曲エール・ド・クール,さらにはボードビルやベルジュレット,ブリュネットといったより大衆的で簡明な歌曲が主流となっていく。【小林 緑】
【現代のシャンソン】
 こんにちシャンソンといえばフランスの小唄または流行歌のことであるが,日本のそれとはまったくちがうので,ちょうどドイツの〈リート〉のように,シャンソンはシャンソンとしてそのまま理解されるべきものといえよう。…

※「エール・ド・クール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone