エール・ド・クール(読み)えーるどくーる

世界大百科事典内のエール・ド・クールの言及

【シャンソン】より

…これらはルネサンス期の器楽発展に少なからず貢献した。 17世紀に入ると,イタリアのモノディ(通奏低音伴奏付き独唱歌曲)の影響を受けて多声部シャンソンは衰退し,代わってリュート伴奏の独唱歌曲エール・ド・クール,さらにはボードビルやベルジュレット,ブリュネットといったより大衆的で簡明な歌曲が主流となっていく。【小林 緑】
【現代のシャンソン】
 こんにちシャンソンといえばフランスの小唄または流行歌のことであるが,日本のそれとはまったくちがうので,ちょうどドイツの〈リート〉のように,シャンソンはシャンソンとしてそのまま理解されるべきものといえよう。…

※「エール・ド・クール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android