コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーロフォールミル えーろふぉーるみる

世界大百科事典内のエーロフォールミルの言及

【自生粉砕】より

…これらを自生粉砕ミルと呼ぶ。自生粉砕ミルには,エーロフォールミル,カスケードミルなどがある。これらの自生粉砕ミルはいずれも普通のボールミルに比べると直径/長さ比が大きく,内壁には粉砕媒体である鉱石塊をミルの回転にともなって高く持ち上げることにより強い衝撃力が得られるよう,リフターバーが取り付けられている。…

【粉砕機】より

…粉砕媒体としての原料粒子は鉄鋼ボールに比べて概して比重が小さいため,ボールよりも大きめの塊を用いるのが普通であるが,それでも十分な粉砕力が得られがたいため,種々の自生粉砕専用の特殊ミルが開発されている。エーロフォールミルAerofall mill,カスケードミルCascade mill,ロックシルミルRockcyl millなどはその代表的なものである。これらのミルはいずれも一般のボールミルに比べて短胴・長径の外形をしており,また粉砕媒体粒子を高く持ち上げ,落下時の衝撃力を高めるためのくふうがなされている。…

※「エーロフォールミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報