コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オアシス国家 おあしすこっか

世界大百科事典内のオアシス国家の言及

【オアシス】より

…すなわち前10~前7世紀のオアシス地帯には,すでに堅固な城壁と大規模な灌漑網をもったいくつかのオアシス城郭都市が誕生していたものと思われる。以後この地帯では,しばしば,一つの有力なオアシス都市がその周辺の少数の諸都市を支配下に置くという形をとったオアシス連合体(オアシス国家。たとえばアラブ侵入期のソグド・オアシス連合体など)が形成されたが,これらの連合体は,周囲の他の連合体をも併合してオアシス地帯全域をおおう統一国家を形成するだけの力がなく(クシャーナ朝,サーマーン朝,ティムール朝を除く),政治的・軍事的には常に非力であった。…

※「オアシス国家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オアシス国家の関連キーワードイエンチー(焉耆)ホイ(回)族自治県鄯善(古代オアシス国家)アクス(阿克蘇)地区ピチャン(闢展)県ササン朝ペルシアクチャ(庫車)県ゼノビア高昌焉耆新疆大宛鄯善

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android