コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイゲン,K. おいげん

世界大百科事典内のオイゲン,K.の言及

【ビュルテンベルク】より

…18世紀のイギリスの政治家C.J.フォックスは〈ヨーロッパで立憲政体の国はイギリスとビュルテンベルクのみ〉と言ったと伝えられる。議会と争い,反対者を次々と牢獄に送った18世紀の暴君カール・オイゲンKarl Eugen(在位1737‐93)も,1770年の永代協約で結局は議会の権利を認めている。この年彼がシュトゥットガルトに設立した軍人の子弟のためのカール学校は,シラーがここで学んだことで知られている。…

※「オイゲン,K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android