コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラーのこま おいらーのこま

世界大百科事典内のオイラーのこまの言及

【独楽】より

…【八木田 宜子】
【こまの力学】
 力学でこまというときには,固定点のまわりで回転する剛体を指す。その運動を数量的に調べるのにはオイラーの方程式(1760年L.オイラーが与えた)を用いるが,当初は,この方程式を積分することによって任意の初期条件に対する運動を求めることができるのは,(1)外力が働かない場合(オイラーのこまという),(2)ふつうにいうこまのように回転対称軸をもつ剛体(対称こまという)の回転で,固定点がその軸の上にある場合(ラグランジュのこまという)の2種に限られていると思われていた。重力があっても重心が固定点ならば(1)に,ふつうのこまで軸の下端が床の一定点につねに接している場合は(2)に相当する。…

※「オイラーのこま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone