コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウラフソン,S. おうらふそん

世界大百科事典内のオウラフソン,S.の言及

【アイスランド】より

…しかし造形美術ではさほど見るべき作品を伝えず,わずかに中世写本の彩色イニシャル,教会装飾の織物などが知られる程度で,19世紀にいたる。代表的な画家にはシーグルズル・グブズムンズソンSigurður Guðmundsson(1833‐74),ソウーラリン・ソウラウクソンThórarinn Thorláksson(1867‐1924),アウスグリームル・ヨウンソンÁsgrímur Jónsson(1876‐1958),ヨウハンネス・キャルバルJóhannes Kjarval(1885‐1972),彫刻家としてはエイーナル・ヨウンソンEinar Jónsson(1874‐1954),アウスムンドゥル・スベインソンÁsmundur Sveinsson(1893‐1982),シーグルヨウン・オウラフソンSigurjón Ólafsson(1908‐ )がいる。近代的な音楽と演劇も19世紀の後半に出現。…

※「オウラフソン,S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android