コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオコウモリ属 おおこうもりぞく

世界大百科事典内のオオコウモリ属の言及

【オオコウモリ(大蝙蝠)】より

…現生種はアフリカ,アジア,オーストラリア,メラネシア,ミクロネシア,ポリネシアなどの亜熱帯,熱帯に分布するが,イタリアの中部漸新世から化石が発見されている。 大きさはシタナガオオコウモリ亜科に属するシコニクテリス属Syconycterisの頭胴長5cm前後,前腕長4~5cm,翼開張25cm前後の小さなものから,オオコウモリ亜科に属するオオコウモリ属Pteropusのジャワオオコウモリの頭胴長40cm前後,前腕長23cm,翼開張1.4~1.5mの大きなものまである。耳介の基部は筒状で,小翼手亜目の多くに見られる耳珠,迎珠を欠き,顔に鼻葉などの付属葉がない。…

※「オオコウモリ属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオコウモリ属の関連キーワードエラブオオコウモリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android