コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオシオグサ

海藻海草標本図鑑の解説

オオシオグサ

からだは円柱状の細い細胞が一列に連結し,枝分かれする糸状体。二叉状または三叉状に分枝し,上部で分枝が多いが, 付着器から数細胞は全く分枝しない。分岐部位は細胞の直径が顕著に大きくなるところがある。分枝の角度(腋)は非常に狭い。基部付近に輪状模様は見られな い。手触りはやや硬い。生体は濃緑色。属名「Cladophora」は女性名詞で,ギリシャ語の「clados(枝)+ phora(有する)」に由来する。種小名「japonica」は女性形で,「日本の」の意味。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のオオシオグサの言及

【シオグサ(汐草)】より

…この同型世代交代の生活史の様式はとくにシオグサ型Cladophora typeと呼ばれる。種類数が多く,日本だけでも海産約30種,淡水産約3種が知られ,代表種として,海産種にはチャシオグサC.wrightiana Harvey,オオシオグサC.japonica Yamada,アサミドリシオグサC.densa Harveyなどが,淡水産種にはカワシオグサ(カモジシオグサ)C.glomerata KuetzingおよびマリモC.sauteri (Nees) Kuetzingがある。【千原 光雄】。…

※「オオシオグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオシオグサの関連キーワード豊岡海域公園地区