オオタキマイマイ(読み)おおたきまいまい

世界大百科事典内のオオタキマイマイの言及

【カタツムリ(蝸牛)】より

オナジマイマイ(イラスト)やウスカワマイマイ(イラスト)は全国に広く分布するが,都市や農耕地に多い。エゾマイマイ,サッポロマイマイは北海道,ムツヒダリマキマイマイ,オオタキマイマイは東北地方,ミスジマイマイ(イラスト),ヒダリマキマイマイは関東地方,クロイワマイマイは中部山地,ニシキマイマイやクチベニマイマイは近畿地方,セトウチマイマイ,サンインマイマイは中国地方,アワマイマイ,セトウチマイマイは四国地方,ツクシマイマイは九州地方,シュリマイマイは沖縄地方の代表的な種である。ヨーロッパでは食用カタツムリのエスカルゴが名高い。…

【ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)】より

…腐葉や若芽を食べるが,飼育にはキュウリ,ニンジン,サツマイモなどでよい。このほか,小型で樹上生のオオタキマイマイE.grataが日本海側新潟から秋田に分布する。褐色が強いミヤマヒダリマキマイマイE.scaevolaが関東山地より伊吹・鈴鹿山地まで分布する。…

※「オオタキマイマイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android