オオバザサ(読み)おおばざさ

世界大百科事典内のオオバザサの言及

【クマザサ】より

…チマキザサはサハリン,千島から朝鮮半島南部まで分布していて,葉はクマザサより大きく,長さは30cm余り,幅は8cmにも及び,5月の端午の節句のちまきを包むササとしてよく知られている。クマイザサS.senanensis Rehd.やオオバザサS.megalophylla Makino et Uchidaはチマキザサに似て葉の裏に毛があり,両者とも千島,サハリンから九州までに見られる。【小山 鉄夫】。…

※「オオバザサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android