オオバロニア

海藻海草標本図鑑の解説

オオバロニア

からだは球状から卵形。巨大な多核単細胞で分岐はしない。内部は液体がつまっており,破けると透明な膜だけが残る。生体暗緑色でツヤがあり光沢がある。 手触りは丈夫で表面はつるつるしている。単独で生育している事が多いが,たまに複数の個体が集まって生育していることがあり,フィールドではタマゴバロニア見分けがつきにくい事もある。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のオオバロニアの言及

【バロニア】より

…細胞の内部には細胞液が充満する。代表的な種類にタマゴバロニアV.macrophysa Kütz.(イラスト),タマバロニアV.aegagropila (Roth) Ag.,オオバロニアV.ventricosa J.Ag.がある。前2種は倒卵形ないし楕円形の細胞が密に集まって団塊状となるが,オオバロニアは細胞が球形で単独に生育する。…

※「オオバロニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオバロニアの関連情報