オガサワラトカゲ(読み)おがさわらとかげ

世界大百科事典内のオガサワラトカゲの言及

【スベトカゲ】より

…餌は小昆虫やクモ類。小笠原諸島,鳥島に分布するオガサワラトカゲCryptoblepharus boutoniは尾が細長く,眼がヤモリのように固着した透明な下まぶたで覆われる。南西諸島の硫黄島から沖縄諸島に分布するヘリグロヒメトカゲAteuchosaurus pellopleurusは形態,生態ともにサキシマスベトカゲに似るが,頭部のうろこのようすが異なる。…

【トカゲ(蜥蜴)】より

…〈窓〉は下まぶたを閉じても外が見え,砂や土に潜ることの多いトカゲには有用。オガサワラトカゲCryptoblepharus boutonii(全長10cm)では,円形の透明な膜からなる下まぶたが上まぶたに固着し,眼を覆って保護している。このようなヘビ型の眼は,樹皮の下など狭い隙間に隠れるヤモリの眼と同じ構造で,オガサワラトカゲが木の幹や倒木を活発に行動し,すばやく隙間に隠れるのに好つごうである。…

※「オガサワラトカゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android