コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクポブヒエ おくぽぶひえ

世界大百科事典内のオクポブヒエの言及

【アフリカ文学】より

…参加者の居場所が指定されるほかは特別な約束がない。もう一つはオクポブヒエ(〈人々が寝ている間に楽器を鳴らす〉の意)と呼ばれ,アクパタ(コンゴ起源の7本弦ギター)を奏でる職業的語り手が,新生児の名付けや冠婚葬祭その他の通過儀礼などハレの日に大がかりに行う。両者の語りの内容に厳密な差異はなく,人々の日常体験やオバ伝説(ベニン王の征服戦争など)から多岐な題材が選ばれる。…

※「オクポブヒエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android