オコンバ(読み)おこんば

世界大百科事典内のオコンバの言及

【ままごと】より

…秋田県ではジャジャボッコ,奈良県ではオカタサゴトといい,オカタモジャジャもともに主婦の方言である。クバリゴト(飛驒地方),オワザッコ(山梨県),オコンバ(静岡県)などは贈答・訪問などのことで,オフルミヤコ(青森県)は饗応のまねごと,オミッチャゴ(千葉県)は水屋ごと(台所)の意である。三月節供や盆の年中行事にも,盆ガマ,カドママ,ツジママ,川原メシなどといって,少女たちが屋外で食物を煮炊きして共食する風が各地にみられる。…

※「オコンバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android