オダエナトゥス(読み)おだえなとぅす

世界大百科事典内のオダエナトゥスの言及

【シリア】より

…この間に,ナバテア人のペトラが衰退するとともに,シルクロードの西端部としてのシリアの役割はしだいに増大し,1世紀からローマの臣従国はパルミュラが勢力を増大させた。このオアシス都市は商人貴族の支配する隊商の拠点であったが,3世紀前半にオダエナトゥスが支配権を握るとともに,軍事力を蓄え,内政上の混乱のためにペルシア戦線が手薄になったローマに代わり,東方の防衛をまかされた。夫の死後,実権を握ったゼノビアという女性が事実上の女王となり,子ウァバラトゥスを擁立して,ローマからの独立を宣言した(271)。…

【ゼノビア】より

…フルネームはユリア・アウレリア・ゼノビアJulia Aurelia Zenobia(後にセプティミア・ゼノビアSeptimia Zenobia),アラム語ではバト・ザッバイBath(Bat) Zabbai。当時ローマ帝国の自由都市であったパルミュラの首長オダエナトゥスOdaenathusの2番目の妻となる。オダエナトゥスはローマ東方を脅かしていたササン朝ペルシアを撃退し,ローマから東方の行政総監督官に任じられたが,ゼノビアは常に夫と共に行軍し,自ら軍の指揮もとった。…

【パルミュラ】より

…3世紀のササン朝ペルシアの脅威の増大とローマ中央政府の混乱の中で,パルミュラのローマからの自立と王国化が進んだ。3世紀半ば,パルミュラの首長オダエナトゥスOdaenathusは東方から侵入してきたササン朝ペルシアを撃退し,ローマ皇帝から東方領の行政総監督官corrector totius orientisの称号を与えられた。267年彼の死後,その妻ゼノビアは息子ウァバラトゥスVaballathusをパルミュラ王としてローマからの独立と領土拡大を図り,小アジアからエジプトに至る広大な領域を征服し,さらに自ら〈アウグスタ〉と称するに及んで,アウレリアヌス帝はパルミュラ討伐に着手,ゼノビアらを捕らえ,273年パルミュラは徹底的に破壊され,その繁栄は終わった。…

※「オダエナトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android