オットー,J.(読み)おっとー

世界大百科事典内のオットー,J.の言及

【印刷】より

…グーテンベルクの晩年は不幸であったが,印刷技術はやがてドイツ国内に広まり,ことにニュルンベルクがその中心となった。この町のヨハン・オットーJ.Ottoは1515年から出版事業を始めるようになった。ドイツについで活字印刷が盛んとなったのはイタリアであり,やがてヨーロッパ全土に広まった。…

※「オットー,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報