小寒(読み)しょうかん

  • こさむ・い
  • しょうかん セウ‥
  • しょうかん〔セウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十四節気の一つ。元来太陰太陽暦の 12月節 (12月前半) のことで,太陽の黄経が 285°に達した日 (太陽暦の1月5日か6日) に始り大寒 (1月 20日か 21日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。この頃は1年のうちでもさのきびしい時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (北郷向,鵲始巣,野鶏始鳴) に区分した。それは,がん (雁) が北へ向い,かささぎ (鵲) が巣づくりを始め,きぎす (野鶏) が鳴きはじめる時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二十四節気の一つ。太陽の黄経が285度に達したときで、新暦では1月5、6日ごろにあたる。旧暦では12月の節で、冬至ののち15日である。この日をもって「寒の入り」とする。この日から「寒明け(節分)」までの約30日間を「寒の内(うち)」といい、一年中でもっとも寒さの厳しい季節である。寒に入って4日目を寒四郎、9日目を寒九(かんく)という。冬の季語。

[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形口〙 こさむ・し 〘形ク〙 (「こ」は接頭語) なんとなく寒い。うす寒い。
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)四「風が吹て又雨がふるよ去程にこさむう又こすさましいぞ」
〘名〙 二十四節気の一つ。陰暦の一二月の節気。太陽の黄経が二八五度の時。太陽暦では一月五、六日頃に当たる。寒の入り。またその日から一五日間をいう。大寒に先立ち、大寒の一五日と合わせて寒とよぶ。《季・冬》
※延喜式(927)一六「起小寒一日十二日」 〔逸周書‐時訓解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android