コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寒 しょうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小寒
しょうかん

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月節 (12月前半) のことで,太陽の黄経が 285°に達した日 (太陽暦の1月5日か6日) に始り大寒 (1月 20日か 21日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。この頃は1年のうちでもさのきびしい時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (雁北郷向,鵲始巣,野鶏始鳴) に区分した。それは,がん (雁) が北へ向い,かささぎ (鵲) が巣づくりを始め,きぎす (野鶏) が鳴きはじめる時期の意味である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐かん〔セウ‐〕【小寒】

二十四節気の一。1月5日ごろ。このころ、寒さがやや厳しくなる。 冬》「―やふるさとよりの餅一荷/月草

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小寒【しょうかん】

普通の前半約15日間をいうが,二十四節気では旧暦12月の節気で,現行暦の1月5,6日,いわゆる寒の入りに当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

小寒

1月5日頃 小寒は「寒の入り」つまり寒さのはじまりという意味です。本格的な寒さではないという意味があるようですが、実際この頃になると寒さは厳しくなります。寒中見舞いは小寒から出し始めます。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうかん【小寒】

二十四節気の一。太陽の黄経が285度に達した時。現行の太陽暦で1月6日ごろ。寒の入り。 [季] 冬。 → 大寒だいかん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小寒
しょうかん

二十四節気の一つ。太陽の黄経が285度に達したときで、新暦では1月5、6日ごろにあたる。旧暦では12月の節で、冬至ののち15日である。この日をもって「寒の入り」とする。この日から「寒明け(節分)」までの約30日間を「寒の内(うち)」といい、一年中でもっとも寒さの厳しい季節である。寒に入って4日目を寒四郎、9日目を寒九(かんく)という。冬の季語。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小寒の関連キーワード小寒の氷大寒に解く二十四番花信風ベルサイユ七十二候根本順吉寒に入る寒中水泳花信風春三番寒中寒行

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小寒の関連情報