オッペンハイマー,E.(読み)おっぺんはいまー

世界大百科事典内のオッペンハイマー,E.の言及

【アングロ・アメリカン・オブ・サウス・アフリカ[会社]】より

…本社ヨハネスバーグ。1917年,モルガン財閥の支援を得てオッペンハイマーErnest Oppenheimer(1880‐1957)により設立された。当初二つの金鉱所有から出発し,20年にはダイヤモンド部門に進出。…

【デ・ビアス・コンソリデーテッド・マインズ[会社]】より

…91年には全世界のダイヤモンドの90%に当たる南アフリカのダイヤモンドすべてを支配した。第1次大戦後オッペンハイマーErnest Oppenheimer(1880‐1957)が経営に参加し,生産・販売における寡占化がさらにすすめられた。ダイヤモンドの原石はサイトsightと呼ばれる独特の方法により,1年に10回だけロンドンにおいてCSOの指名した約300人のディーラーだけに販売される。…

※「オッペンハイマー,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android