コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトウトナオリ おとうとなおり

世界大百科事典内のオトウトナオリの言及

【レビレート】より

…この場合,生まれた子は亡兄でなく弟の子として扱われる。日本でも,オトウトナオリ,逆縁などと称されて好んで行われていた。これは家業の運営,遺子やヨメの処遇,血筋や姻縁関係の維持など,イエの円滑な存続に好都合であったからである。…

※「オトウトナオリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報