オドゥドゥワ(読み)おどぅどぅわ

世界大百科事典内のオドゥドゥワの言及

【イフェ王国】より

…ナイジェリア連邦西部,イフェを都とするヨルバ族最初の王国で,11世紀初頭までにはつくられていた。ヨルバの伝承によれば,人類発祥の地はイフェIfeであり,そこに天の神オロルンが降臨させたオドゥドゥワが王国をつくった。オドゥドゥワはイフェの最初の支配者であると同時に,その後周辺につくられてゆくヨルバ族の諸王国の先祖とされている(どの王国の創世神話でも,先祖はイフェ王国の王子とされている)。…

※「オドゥドゥワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android