コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナシザル おなしざる

世界大百科事典内のオナシザルの言及

【化石類人猿】より

…多分,運動様式や姿勢と関連した変化と考えられるが,中新世を通じてテナガザル類と同様に大型類人猿も外尾の退化が目だち,ついに外尾はなくなってしまった。類人猿のことを〈オナシザル〉とよぶこともあるが,これは,この特徴を強調したものである。 鮮新世を通じて,類人猿とくにドリオピテクス類では,今日のゴリラやチンパンジーのように第2指節の背部を地につけて歩く,いわゆるフィスト・ウォーキングを行うようになった。…

※「オナシザル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android