オナシザル(読み)おなしざる

世界大百科事典内のオナシザルの言及

【化石類人猿】より

…多分,運動様式や姿勢と関連した変化と考えられるが,中新世を通じてテナガザル類と同様に大型類人猿も外尾の退化が目だち,ついに外尾はなくなってしまった。類人猿のことを〈オナシザル〉とよぶこともあるが,これは,この特徴を強調したものである。 鮮新世を通じて,類人猿とくにドリオピテクス類では,今日のゴリラやチンパンジーのように第2指節の背部を地につけて歩く,いわゆるフィスト・ウォーキングを行うようになった。…

※「オナシザル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android