オヒョウニレ(読み)おひょうにれ

世界大百科事典内のオヒョウニレの言及

【木】より

…日本の和紙などで代表される手すき紙は,クワ科のコウゾ,あるいはジンチョウゲ科のミツマタ,ガンピ類などの長くじょうぶでしかも光沢のある靱皮繊維を利用したものである。アイヌのアツシ(厚司)にするオヒョウニレ,あるいは西日本のヘラノキなども靱皮繊維が布地や縄,箕(み)などに利用される。サクラ類やカンバ類の樹皮は器具の装飾用として知られる。…

※「オヒョウニレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる