オフナサマ(読み)おふなさま

世界大百科事典内のオフナサマの言及

【船霊】より

…また,漁が不漁のときとか船がけがれたときなどに,船霊をとりかえることもある。伊豆の八丈島では,船霊の神体に髪を提供した少女は,船霊ササギ,オフナサマ,船霊様などと呼ばれ,船下しには新造船の中央に乗せて祝ったり,以後漁獲物を贈るなど,船の神の具現として船と深い関係をもっていた。【高桑 守史】。…

※「オフナサマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報