コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブライエン,W.H. おぶらいえん

世界大百科事典内のオブライエン,W.H.の言及

【SF映画】より

…絶海の孤島の奥に,前世紀そのままの世界があるという,A.C.ドイルの《失われた世界》的な設定によるこの映画は,そもそもは,A.B.シュドサックと共同監督したM.C.クーパーの〈ゴリラと大トカゲを闘わせる〉という,〈やらせ〉記録映画の企画から生まれた。つまりは怪奇・恐怖映画の客層をねらった発想なのだが,RKOの技術部門で,恐竜の模型アニメーション(人形アニメーション)に取り組んでいた特撮の名手W.H.オブライエン(くしくも前述のドイルのSFの映画化《ロスト・ワールド》(1925)の特撮も担当している)の仕事ぶりを見て,この技法で巨大ゴリラを大暴れさせようと決心したことから,上映時間1時間40分のうち,後半1時間はすべて山場に次ぐ山場という,空前の特撮スペクタクルが完成。そのパニック場面の数々のほら話的な壮大さは,げてものの域をこえたSFのイメージに満ちていた。…

【キング・コング】より

…鎖を引きちぎって街へ暴れ出たコングは,女優をさらってエンパイア・ステート・ビルへ登りつめ,戦闘機の機銃掃射を浴びてしだいに力つき,女優を頂上に残して墜落する。世界的な大ヒットによって,赤字のRKO映画を立ち直らせたこの作品は,製作,監督のメリアン・C.クーパーとアーネスト・B.シェードサックの名以上に,コングをはじめとする恐竜たちのモデル・アニメーションに腕をふるった特撮マン,ウィリス・H.オブライエン(1886‐1962)の名を高からしめた。アニメ人形(頭部の実物大模型も一部併用)のコングの,凶暴さと愛敬とがミックスされた絶妙のキャラクターは,今なお人々に愛され,〈美女と野獣〉のパターン,襲われた都会のパニック描写,モンスターの最後の哀感の表現などが,その後,無数のモンスター映画に模倣された。…

【特撮】より

… 科学的な光学合成装置,いわゆるオプティカル・プリンターも,プロジェクターの回転が正確になった30年代に徐々に完成したのだが,33年には,開発途上のオプティカル・プリンターや,ミニチュア,リア・プロジェクションなど,当時のあらゆる方法を組み合わせて用いた歴史的な特撮映画《キング・コング》が作られた。現実にはありえないほど巨大な(または矮少な)キャラクターが登場する作品の好例で,ミニチュアのモデルに,ストップモーション撮影で動きを与えるという,モデル・アニメーション特撮(これはオブジェクト・アニメ,ディメンショナル・アニメなどとも呼ばれ,今なお用語が不統一である)の創始者,ウィリス・H.オブライエンの代表作でもある。この方式はやがてオブライエンの弟子のレイ・ハリーハウゼン,孫弟子のジム・ダンフォース,デービッド・アレンらにひきつがれていく。…

※「オブライエン,W.H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android