オランダイチゴ

世界大百科事典内のオランダイチゴの言及

【イチゴ(苺)】より

…ビタミンCの含有量が多く,果物の少ない春先出荷で生産が飛躍的に伸びた。オランダイチゴともいう。
[形状]
 地下茎は太く,数本の長い走出枝(ランナー)を出し,それに幼植物をつくる。…

※「オランダイチゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android