コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いちご

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

いちご[果樹類]

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
とよのか・章姫など奈良県で生産されるいちごは、近畿一の生産量を誇る。なかでも、奈良県農業試験場がアスカウエイブに女峰を交配したものから系統選抜し、1998(平成10)年度に発表したあすかルビーは、大粒の果実にジューシーな味わいで、人気がある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

いちごの関連キーワードラビット フォームイレーザーダブル フルーツの香りつきバヤリース パーラーズレシピ 大人のいちごミルクメイトー いちごのマスカルポーネ3種のベリー、とろけるキャラメルざく切りいちごの脂肪0ヨーグルトママとボクのフィンランドバスストロベリーショートケーキ埼玉県比企郡吉見町久保田つぶつぶいちごポッキー日本ケータイ小説大賞マーブルフーセンガム安来のいちごアイス越後姫アイスモナカケータイ小説文庫完熟いちごオーレ練乳苺ヨーグルトいちごのつぶやきいちごの王さま王将3色アイスロベリンちゃん

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いちごの関連情報