オリエンタル・バンキング・コーポレーション(読み)おりえんたるばんきんぐこーぽれーしょん

世界大百科事典内のオリエンタル・バンキング・コーポレーションの言及

【上海】より

…茶の貿易だけはしばらく広州のほうが上回っていたが,太平天国の乱がおこるとともに広州の交易は不可能となり,すべての面で中国第一の国際貿易港となった。そして商業活動の活発化とともに金融資本が進出し,1849年にすでにオリエンタル・バンキング・コーポレーション(東方銀行・麗如銀行)が設けられたのをはじめ,1865年(同治4)にはのちに上海で最大の銀行となるホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレーション(匯豊銀行)が設けられた。これらは先の各商社と結びついてできたもので,さらに航運港湾業,不動産業,鉄道業,紡績業,木材業等,多様な事業に投資して関連企業群をなし,巨大な金融資本となって中国経済に大きな力をふるった。…

※「オリエンタル・バンキング・コーポレーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報