オルシペ(読み)おるしぺ

世界大百科事典内のオルシペの言及

【アイヌ】より

… 〈イソ・イタクiso‐itak〉は,本来は漁狩猟の獲物を表すイソisoのイタクitak(はなし)で,獲物を誇る功名談だったというが,そのような型が確立する前に〈体験を物語る〉意味になり,詞曲にもしばしば用いられるようになった。いまではオルシペorspe(うわさばなし)などと共に,内容によってウパシクマに近づいたり,トゥイタクと同様に扱われたりする。以上のものは,詞曲ほど厳密ではないが,アトムテ・イタクatomte‐itak(飾った言葉)で語るという意識があるのに対し,以下に挙げるものはヤヤン・イタクyayan‐itak(ふつうの言葉)を用い,語り口もくだけたものになっている。…

※「オルシペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android