オロ製靴工場(読み)おろせいかこうじょう

世界大百科事典内のオロ製靴工場の言及

【ツェティニェ】より

…ユーゴスラビア南西部,モンテネグロ共和国の都市。人口2万(1981)。標高680mのカルスト地形の高地にあり,東部にロブチェン山(1749m)がそびえる。15世紀後半オスマン・トルコ軍の侵略により後退して,ゼータ地方(モンテネグロ地方)の国王イワン・ツルノイェビッチは,難攻不落のこの地に館を移し,修道院を建てた(1484)。モンテネグロは司教が聖俗界を支配する独特の制度で,修道院が政庁でもあったが,1847年,ニェゴシュ2世が王宮を新築して現在の町並みに改めた。…

※「オロ製靴工場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android