コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーギュメンターウィング おーぎゅめんたーうぃんぐ

世界大百科事典内のオーギュメンターウィングの言及

【短距離離着陸機】より

…これまで実用されたおもなパワードリフト・システムは,(1)プロペラの後流をフラップに当てて下方へ曲げるプロペラ後流変向,(2)ジェット排気を翼下面からフラップに当てて曲げるEBF(externally blown flapの略),(3)EBFの一種で,ジェット排気を翼上面に流すとフラップに沿って曲がる現象を利用したUSB(upper surface blowingの略),(4)ジェット排気を翼内に導き後縁から斜め下向きに吹き出すIBF(internally blown flapの略。ジェットフラップともいう),(5)IBFの一種で,上下2段のフラップの間にジェットを吹き出すオーギュメンターウィングなどである(図)。こうしたパワードリフト・システムを使って低速で飛ぶときは,機の安定性,操縦性が悪くなりがちなので,それを電子装置で自動的に舵を動かして補うほか,尾翼や舵を一般機よりも大きくする必要がある。…

※「オーギュメンターウィング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報