オージェ,P.(読み)おーじぇ

世界大百科事典内のオージェ,P.の言及

【オージェ効果】より

…一つは浅い準位にある電子がこの内殻の空席に落ちるとともにエネルギー差分をX線として放出する過程であり,もう一つは,このエネルギー差分をさらに別の電子に与え,その電子を原子外に放出する過程である。後者の現象をオージェ効果と呼び,この効果で原子外に飛び出す電子をオージェ電子という。この現象は,1925年にフランスのオージェPierre Augerによって,アルゴンで見いだされた。…

※「オージェ,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報