コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーステナイト鋼 おーすてないとこう

世界大百科事典内のオーステナイト鋼の言及

【合金】より

…(2)第2の効果は,格子変態点の変化,中間相の形成などの相変化によって,マトリックス相の種類を増加させることである。たとえばオーステナイト鋼は,鉄にニッケル,マンガンなどを固溶させ,鉄の高温相であるオーステナイトを室温以下まで安定化させたもので,低温での靱性(じんせい)に優れ,非強磁性であるなどの性質をもっている。また合金化によって相変態温度を変化させることができる。…

※「オーステナイト鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーステナイト鋼の関連キーワードオーステナイトフェライト低温用鋼