オーストリア・スラブ主義(読み)おーすとりあすらぶしゅぎ

世界大百科事典内のオーストリア・スラブ主義の言及

【スラブ人会議】より

…参加者はオーストリア帝国以外に居住するスラブ人を含めた約360名。会議は汎ロシア主義と一線を画し,オーストリアの解体を望まず,あくまで帝国内での諸民族の自治を要求するオーストリア・スラブ主義の線に沿って進められた結果,帝国解体論者は失望し,隣接民族相互の利害対立が露呈したにすぎなかった。審議は6月12日にプラハで発生した労働者,学生,市民らの対オーストリア軍蜂起で中断され,そのまま解散された。…

※「オーストリア・スラブ主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android