オーディンの日(読み)おーでぃんのひ

世界大百科事典内のオーディンの日の言及

【オーディン】より

…早くからほとんどすべてのゲルマン人諸族の間で崇拝され,歴史的記録や地名の研究からも民族大移動期にまでさかのぼって裏づけられる。ラテン語の水曜日をあらわす〈メルクリウスの日dies Mercurii〉はゲルマン人の間では〈オーディンの日(英語でWednesday)〉と訳されている。 神としてのオーディンは,北欧のエッダスカルド詩にとくに生彩をもって叙述されているが,スノッリ・ストゥルルソンの《ユングリンガサガ》では,アースガルズを支配する常勝の王,供犠(くぎ)司祭として魔術に長じ,姿を自在に変えられる歴史的存在として描かれている。…

※「オーディンの日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる