コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーロラあらし おーろらあらし

世界大百科事典内のオーロラあらしの言及

【オーロラ】より

…したがって,他の大気粒子との衝突が少ない高い所でしか光を放出できないという事情による。
[オーロラの爆発的発達(オーロラあらし)]
 オーロラは常に変動しているが,最も著しい活動は,真夜中のオバルが急速に明るさを増し,激しく動き始めて,数分の間にオバルの幅が数百kmにも広がる爆発的な発達(オーロラあらし)である。太陽風の中の磁場に南向き成分が増えると太陽風から地球磁気圏へのエネルギー流入が増加し,その結果,入射電子が爆発的に増加してこのような爆発的なオーロラの発達が起こるものと考えられている。…

※「オーロラあらし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android