コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーロラあらし おーろらあらし

世界大百科事典内のオーロラあらしの言及

【オーロラ】より

…したがって,他の大気粒子との衝突が少ない高い所でしか光を放出できないという事情による。
[オーロラの爆発的発達(オーロラあらし)]
 オーロラは常に変動しているが,最も著しい活動は,真夜中のオバルが急速に明るさを増し,激しく動き始めて,数分の間にオバルの幅が数百kmにも広がる爆発的な発達(オーロラあらし)である。太陽風の中の磁場に南向き成分が増えると太陽風から地球磁気圏へのエネルギー流入が増加し,その結果,入射電子が爆発的に増加してこのような爆発的なオーロラの発達が起こるものと考えられている。…

※「オーロラあらし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android