コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイノリ

海藻海草標本図鑑の解説

カイノリ

からだは紡錘型でやや平たく,体は反りかえっている。枝は羽状の分枝をみせ,先端は尖る。岩の上を這いながら複数の個体がからまり合い,かたまりをつくり群生する。手触りは軟骨質。生体は緑褐色〜暗紅色。押し葉標本は台紙につかない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のカイノリの言及

【スギノリ(杉海苔)】より

…成熟した体の縁辺部に多数見られる球形のアワ粒状のものは受精卵から発達した囊果で,内部には果胞子が多数形成される。スギノリに近縁な種に,岩上を横臥(おうが)するように生育するカイノリG.intermedia Suringar,形状がイカの足を連想させるイカノアシG.mamillosa (Good.et Wood.) J.Ag.,葉状の体にいぼ状突起を多数つけるイボノリG.pacifica Kjellm.などがある。日本産のこの属の種はいずれも小型であるが,アメリカ大陸の太平洋沿岸などにはG.corymbifera (Kuetz.) J.Ag.やG.exasperata Harv.et Baileyのように,長さが1m以上,幅が30~50cmにもなる葉状の大型の種が多数生育し,カラギーナン(飲料やジャムなど食品の安定剤,分散剤)の重要な原藻となっている。…

※「カイノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カイノリの関連キーワードスギノリ(杉海苔)シキンノリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android