カウデリスモ(読み)かうでりすも

世界大百科事典内のカウデリスモの言及

【カウディーリョ】より

…独立直後のラテン・アメリカでこうした指導者が出現した原因としては,植民地支配体制の崩壊に伴って生じた権力の空白状態を埋めうるのは軍事力のみであったこと,独立後の政治的混乱に飽きた大衆が強力な指導者の出現を切望したこと,などが指摘されよう。カウディーリョによる支配体制はカウデリスモとよばれ,19世紀のラテン・アメリカではブラジルとチリを除くほとんどの国々が経験し,なかでもメキシコのサンタ・アナやアルゼンチンのロサスによる支配が名高い。カウディリスモの評価に関しては,独立後の混乱を収拾し,政治的安定をもたらしたとする積極的評価と,民主政治の確立を遅らせたとする批判的見解とが対立している。…

※「カウデリスモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android